代表メッセージ

「日本とブラジルの架け橋となる」
ブラステックの目標は、日本とブラジルを結ぶ架け橋となってお客様と共にビジネスを実現することです。

高度情報化社会に

紆余曲折はあるにしても、ITが今後の世界経済において、最も重要なテーマであることは間違いありません。IT技術は日々猛烈なスピードで革新されていますので、日本経済にとって優れたIT技術者が必要になりました。
しかしながら、優れたIT技術者の絶対数はかなり不足しているのが現状です。 この不足している技術者をいかに確保するかが成功への必要条件です。
私達ブラステックは、この社会的テーマに1つの答えを見つけました。それは、はるかブラジルで活躍している我が同胞達です。
日系ブラジル人達は、もう1つの祖国である日本を誇りとし、日本で自分達の能力を発揮したいと望んでいます。日本社会にとってもこの同胞達を迎え入れることは、優れたIT技術者不足の解消になるばかりではありません。少子化対策が大きな課題になっている我国の現状にも、多くのメリットをもたらしてくれることでしょう

日本とブラジルを結ぶ架け橋として

ブラステックのもう1つの目的は、ブラジルでのオフショア開発であります。日本語の堪能なブラジルの日系人と協力し合う事によって、オフショア開発にもっとも重要な問題をクリアすることができます。更に12時間の時差を利用することによって、24時間の開発体制を構築することもできます。
私達ブラステックの願いは、日本とブラジルを結ぶ架け橋となって、両国の進歩と発展に貢献することです。

株式会社ブラステック
代表取締役社長
釘田秀一