Português

ブリッジSEの役割

オフショア開発では、ブリッジSEと呼ばれる中間の役割を担う人を必要とします。ブリッジSEとは、お客様からの概要、要求仕様を、オフショア先の開発者へと伝え、開発チームとコミュニケーションをとることが主な仕事となります。ですから、双方の言語はもちろん、文化の共有も必要とされるわけです。

しかし、ブリッジSEとしての役割においてもっとも注意しなければならないことは、 要求仕様そのものにあります。
要求仕様そのものが開発チーム正しく伝わらないことが低品質の製品が出来上がることのボトルネックになっていると思われます。

要求仕様の正しい理解を助けるためにブリッジSEを必要とし、要求仕様に含まれるあいまいさが少なければ少ないほど、これらの問題による影響を少なくすることになります。

もちろん、日本企業間でのアウトソーシングでも、「要求仕様」から発生する問題についてはたびたび問題となります。ですから、オフショア開発においてはさらに「要求仕様」には厳密性を必要としなければなりません。

ブラステックでは、コミュニケーション面において日系人が担当いたしますので、まったく問題ありません。さらに要求仕様においても厳密性を重要視しておりますので、お客様のプロジェクトが成功に至るために万全の体制が整っていると自負しております。